安土城跡

アヅチジョウアト
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

滋賀県 | 近江八幡市

標高約200mの安土山山上にあり、400年を経た今も石垣や礎石が往時をしのばせてくれる。
安土城は、織田信長が、天正4年(1576年)から3年有余をかけ完成した五層七重の、わが国最初の天主閣を有する城。本能寺の変で信長が倒れたのち、城下町とともに焼き払われ、天下の名城をわずか3年にして灰燼と化した。
当時は四方を琵琶湖と沼に囲まれていたが、今は大中の湖干拓地として田園が広がり、そう見寺跡から見る西の湖が美しく、わずかに二の丸跡の信長墓所や、秀吉、前田利家などの屋敷跡が戦国の世を語り伝えている。

織田信長(1534年~82年)
尾張に生まれたが、永禄10年岐阜城主となり、10年東奔西走して安土に移る。井の口を岐阜と改称した。本能寺の変に討死。

基本情報

所在地 〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
問合せ先 安土駅観光案内所
〒521-1341 滋賀県近江八幡市安土町上豊浦1303
TEL 0748-46-4234
FAX 0748-46-4234
営業期間 見学時間
9:00〜16:00 終了時間は季節により変動あり
アクセス ・安土駅から徒歩で25分ふもとまで
・安土駅から車で15分ふもとまで
料金 ・大人 700 円

見学・所要時間 60分
時代 安土桃山

アクセスマップ

  • クチコミを見る(30 件以上)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報