甚左衛門堰

ジンザエモンゼキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

埼玉県 | 草加市

伝右川のかんがい用水の取水と洪水時に綾瀬川の逆流を防ぐことを目的に造られた。
明治27(1894)年の大改修で,レンガ造りの現在の姿となった。昭和58年に新しい排水機場が完成し,その使命を終えるまで約100年にわたって地域に貢献した。
建設当初の姿を保ち、保存状態も極めて良好。埼玉県の指定文化財で、河岸遺跡と共存するレンガ造水門としては県内で唯一のもの。

基本情報

所在地 〒340-0012 埼玉県草加市神明2-145-1ほか
アクセス ・東武スカイツリーライン草加駅から徒歩で15分1.2Km
・東武線松原団地駅から徒歩で15分1.3Km
文化財 県指定文化財
 作成年代:江戸時代

アクセスマップ

  • クチコミを見る(7 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報