白石焼

シライシヤキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

伝統工芸技術

佐賀県 | 三養基郡みやき町

かつて全国に「東目の皿山」と呼ばれた焼き物の里、みやき町皿山地区。文化3年(1806)この地にあった白石鍋島家は伊万里にある藩御用窯より職人を呼び寄せ、町内皿山の地で焼き物を作るように命じたことから作陶が始まりました。その後京都の陶工・臼井走波を招き現在の白石焼の基礎を作ったと言われています。素朴な風合いの中に凛とした表情を持つ「白石焼」は、現在4つの窯元が時代に合わせたニーズを取り入れ、個性豊かな作陶を行っています。

基本情報

所在地 佐賀県三養基郡みやき町皿山
問合せ先 みやき町観光協会
〒840-1106 佐賀県三養基郡みやき町大字市武1381
TEL 0942-96-5534
FAX 0942-96-5530
アクセス ・久留米駅からバスで20分
屋号・氏名 鮎川裕樹,他4軒

アクセスマップ

周辺のスポット情報