伊万里焼

イマリヤキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

伝統工芸技術

佐賀県 | 伊万里市

日本で最初に磁器を完成させた佐賀藩(鍋島家)は「藩窯」を組織し、主に将軍家や幕閣に献上するため、特別にあつらえた焼物を、幕藩体制がなくなるまで作り続けました。今ではそれらの焼物は鍋島と呼ばれていますが、藩窯で培われた高度な技法を受け継ぎながら、新たな技術を取り入れた多くの窯元が大川内山にあり、現在、伊万里焼の中心となっています。
特徴として、色鍋島、鍋島染付、鍋島青磁の三つに分けることができます。

基本情報

所在地 佐賀県伊万里市大川内町大川内山
問合せ先 伊万里鍋島焼協同組合
TEL 0955-23-7293
伊万里市役所観光課(0955)20-9031,伊万里市観光協会(0955)23-3479
ホームページ http://www.imari-ookawachiyama.com/
アクセス ・伊万里駅からバスで15分
屋号・氏名 約30窯元

アクセスマップ

周辺のスポット情報