妙國寺

ミョウコクジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

大阪府 | 堺市

宝珠院の向かいに位置する妙國寺は、当時摂津・河内・和泉の三国を支配していた三好豊前守之康から寺地と蘇鉄(ソテツ)の寄進を受け、日蓮宗学僧の日こうが永禄5年(1562)に開山した寺。大坂夏の陣で焼失した本堂は、寛永4年(1627)に復興されたが、堺の大空襲で再び灰燼に。また「堺市事件」で、フランス人水兵らを殺害した責任を負って土佐藩士11人が切腹した場所でもある。境内には、創建時に寄進された樹齢1000年を越す蘇鉄が、いまも生き続けている。高さ5m以上、大小120数本の幹枝を数える大木は、国の天然記念物。かつて、織田信長がこの蘇鉄の見事さを気に入り、安土城へ移植させたところ、蘇鉄は毎夜「堺へかえりたい、堺へかえりたい」と泣いたという。それを聞いた信長は、激怒して幹を切りつけると、蘇鉄は血を流して苦しんだため、元の妙國寺へ返したという伝説がある。

基本情報

所在地 〒590-0942 大阪府堺市堺区材木町東4-1-4
TEL 072-233-0369
ホームページ http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=153
営業期間 営業
10:00〜16:30
定休日
年末年始
アクセス ・阪堺「妙国寺前駅」から徒歩で5分
料金 ・大人400円 小・中学生200円

アクセスマップ

周辺のスポット情報