正木美術館

マサキビジュツカン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

美術館

大阪府 | 泉北郡忠岡町

南海本線「忠岡駅」下車徒歩15分、忠岡の素封家(そほうか)・正木孝之氏が長年にわたり収集した水墨画を中心とする東洋美術品を収蔵・展示している。収蔵品は国宝3点、重要文化財13点を含む1300点を数え、とくに250点ある絵画は、その多くが鎌倉、室町時代の水墨画で、日本の中世絵画史にとって貴重なものばかりだ。本館・新館とも正木氏自身の設計により、水墨画鑑賞にふさわしく静寂な雰囲気に包まれている。展覧会は毎年春季展と秋季展の2回。水墨画、墨蹟といった禅宗文化の遺作を中心に、それと調和する工芸品、彫刻、茶道具との組み合わせによって、毎回工夫をこらしたテーマ展を行っている。

基本情報

所在地 〒595-0812 大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
TEL 0725-21-6000
ホームページ http://masaki-art-museum.jp/
営業期間 営業
2021年4月3日〜2021年7月4日 10:00〜16:30 ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、ご来館前にホームページのご確認をお願いいたします。
定休日
月曜日
アクセス ・南海本線「忠岡駅」より徒歩15分
料金 ・一般:700円 高・大生:500円 小・中生:300円 ※団体は20名以上、それぞれ100円引き ※障がい者手帳の提示で本人を含む2名まで半額

その他 駐車場 無料駐車場完備(普通車4台・バス1台)

アクセスマップ

周辺のスポット情報