布忍神社

ヌノセジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

大阪府 | 松原市

布忍神社は、大阪府指定有形文化財に指定されており、速須佐男之尊(すさのおのみこと)、八重事代主之尊(やえことしろぬしのみこと)、武甕槌雄之尊(たけみかずちのみこと)が祀られています。
境内には、本殿をはじめ、拝殿、末社、唐門(からもん)、客殿(旧絵馬堂)などの建物が並んでいます。
また本殿脇には、江戸時代・狩野派の作と思える唐獅子絵(からじしえ)があるほか、当神社には、江戸中期の当地域の文芸レベルの高さを如実に現わす「布忍八景」絵馬(ぬのせはっけいえま)、同じく江戸中期の高僧・高泉(こうせん)の書とされる「布忍宮」扁額(へんがく)、室町時代から江戸時代のものと思われる小絵馬(こえま)など数多くの文化財・美術品が残されています。
2月には節分祭、9月には観月祭を行います。
現代アーティスト イチハラヒロコとコラボした「恋みくじ」が人気です。

基本情報

所在地 〒580-0025 大阪府松原市北新町2-4-11
TEL 072-334-7634
FAX 072-339-2636
ホームページ http://www.eonet.ne.jp/~nunose/
アクセス ・近鉄南大阪線布忍駅から徒歩で10分
見学・所要時間 10分

アクセスマップ

周辺のスポット情報