愛宕神社(大阪府池田市)

アタゴジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

大阪府 | 池田市

火の神様として古くから信仰が厚いです。
火の神様として古くから信仰の厚い愛宕神社。その昔、五月山山頂で点された火を見て、人々が「池田に愛宕さんがきた!」と集まったのが、池田の愛宕神社のはじまりとされています。当時の人々の家屋は、木造で防火設備もほとんど無かったため、火災は大惨事の危険がありました。火の神様なら、火の災難から守ってくれるということで、人々の信仰を集めたようです。毎年8月24日に行われる「がんがら火祭り」は、江戸時代から続く由緒ある祭です。若者たちが100kgはある2本の大松明を持って、山を下りながら山腹の「大一」「大」の字に点火します。その後、松明を「人」の形に組み、町中を練り歩きます。大阪府無形文化財に指定されています。

基本情報

所在地 〒563-0051 大阪府池田市綾羽2-20
TEL 072-751-1019
ホームページ http://yaokami.jp/1270209/
アクセス ・その他阪急「池田駅」から徒歩30分 五月山公園内

アクセスマップ

周辺のスポット情報