浦添城跡

ウラソエジョウセキ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

沖縄県 | 浦添市

浦添城跡は浦添市の東の小高い山にある。浦添は、1187年から1406年まで琉球の王都として栄えた。舜天王統、英祖王統、察度王統の居城と言われている。その北側の崖下に英祖王と尚寧王の“ようどれ”がある。ようどれとは墓陵の意味である。浦添城跡は今は公園となっているが、沖縄戦では日米両軍によって争奪戦が行われた激戦地の一つでもある。

基本情報

所在地 〒901-2103 沖縄県浦添市仲間城原
問合せ先 浦添市役所文化財課
〒901-2501 沖縄県浦添市仲間1-1-2あかひらステーションビル2階
TEL 098-876-1295
アクセス ・那覇空港からモノレールで5分
・モノレール旭橋下車
・那覇バスターミナルからバスで30分那覇バスターミナルから55番
・仲間下車から徒歩で10分
・那覇空港駅からモノレールで39分
・浦添前田駅から徒歩で15分
見学・所要時間 40分
時代 1100年~1500年

アクセスマップ

周辺のスポット情報