虹澗橋

コウカンキョウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

大分県 | 豊後大野市

江戸時代、三重川の柳井瀬を渡って臼杵藩城下町まで年貢を運搬するために造られた「虹澗橋(こうかんきょう)」。
 虹澗(こうかん)とは、「澗(たに)を渡る虹」の意味で、その名のとおり優美で壮大なアーチです。江戸期のアーチ式石橋としては、県下最大を誇ります。

基本情報

所在地 〒879-7102 大分県豊後大野市三重町菅生
問合せ先 豊後大野市商工観光課
〒879-7198 大分県豊後大野市三重町市場1200
TEL 0974-22-1001
FAX 0974-22-3361
ホームページ http://www.bungo-ohno.com/
アクセス ・菅尾駅から車で5分
見学・所要時間 10分
文化財 ・国指定重要文化財
建築年代1 江戸(文政7年)

アクセスマップ

周辺のスポット情報