吉水神社(書院・重文)

ヨシミズジンジャショインジュウブン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

奈良県 | 吉野郡吉野町

もとは吉水院という、金峯山寺の格式高い僧坊でしたが、明治のはじめ、後醍醐天皇、楠木正成、宗伸法印をまつる神社に改められました。

吉野へ潜行された後醍醐天皇を、吉野大衆の中でも特に力をもっていた住職、宗信法印がお迎えし、吉水院は一時行宮となります。源義経が静御前や供のものと逃げのびてきたのも、太閤秀吉の花見の本陣となったのもここです。

当神社には南朝の古文書や武具、秀吉の花見に使われた楽器など、100点を超える宝物が残っています。また、初期書院造りの傑作といわれる書院建築で、義経潜居の間、後醍醐天皇玉座の間、太閤秀吉花見の間があります。うち、義経の間が室町時代様式で、他は桃山時代以降のもの。

基本情報

所在地 〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL 0746-32-3024
問合せ先 吉水神社
〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL 0746-32-3024
ホームページ http://www.yoshimizu-shrine.com/
営業期間 拝観
09:00〜17:00
アクセス ・近鉄吉野駅からロープウェイで3分ロープウェイ3/24~5/6まで運行予定。その他の時期運行未定。
・ロープウェイ吉野山駅から徒歩で20分
料金 ・高校生 400 円

・大人 600 円 (含む大学生)

・中学生 400 円

・小学生 300 円

見学・所要時間 20分
創建年代 682年

アクセスマップ

  • クチコミを見る(30 件以上)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報