佐味田宝塚古墳

サミタタカラヅカコフン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

奈良県 | 北葛城郡河合町

全長112m、後円部直径60m、前方部幅45m、4世紀後半に築造された馬見丘陵内最古の前方後円墳。明治14 年(1881)に家屋文鏡を含む36 面の銅鏡が出土したことで有名なほか、玉類・鍬形石・石釧・車輪石・石製盒子・琴柱形石製品・異形石製品・石製模造品(鑿・斧・鎌・剣・刀子・紡錘車・有孔円板)・巴形銅器銅鏃・鉄刀・鉄剣・鰭付円筒埴輪・形象埴輪(家・蓋・盾・靱・草摺・短甲)など多数の遺物が出土しています。

(昭和62 年5 月12 日、国指定史跡)

基本情報

所在地 〒636-0062 奈良県北葛城郡河合町佐味田
アクセス ・近鉄池部駅からバスで5分
見学・所要時間 20分
時代 古墳(4世紀末)

アクセスマップ

周辺のスポット情報