普門院跡

フモンインアト
画像提供元:平群町観光産業課
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

奈良県 | 生駒郡平群町

法隆寺の夢殿を再興した道詮律師が隠居寺として建てた福貴寺の塔頭の一つで、日頃起居された住坊だと伝えられている。
脇仏で江戸時代の木造仏、3体が盗難にあったが、重要文化財に指定されている木造聖観音立像は残されており、現在は法隆寺に保管されている。

基本情報

所在地 奈良県生駒郡平群町福貴1551
営業期間
アクセス ・近鉄 平群駅から徒歩で20分

アクセスマップ

周辺のスポット情報