當麻寺東塔・西塔

タイマデラトウトウサイトウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

奈良県 | 葛城市

奈良時代の伽藍配置にならって金堂の南に2基の塔婆が相対する。ともに本瓦葺の三重塔。東塔は天平時代の造営(国宝)、西塔は天平時代末から貞観時代にたてられた。

基本情報

所在地 〒639-0276 奈良県葛城市當麻1263
問合せ先 〒639-0276 奈良県葛城市當麻1263
アクセス ・近鉄当麻寺駅から徒歩で15分
文化財 ・国宝
建築年代1 奈良時代

アクセスマップ

周辺のスポット情報