談山神社

タンザンジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

奈良県 | 桜井市

桜井市多武峰(とうのみね)の神社。
神仏分離以前は寺院であり、多武峯妙楽寺(とうのみねみょうらくじ)と言った。
祭神は中臣鎌足(談山大明神・談山権現)。
中大兄皇子と中臣鎌足は、多武峰に登り「大化改新」の談合を行ったことから、後にこの山を談山、談所ヶ森と呼び神社社号の起こりとなった。

談山神社のシンボル的存在、木造十三重塔(重要文化財)は世界唯一のもの。
本殿(重要文化財)をはじめ、神仏混淆時代の名残を残す朱塗りの華麗な社殿は、徳川家康が日光東照宮の手本にしたほどである。

紅葉の名所としても有名で、照り映える紅葉と十三重塔の構図は定番。
また中大兄皇子と中臣鎌足の出会いの故事にちなんだ けまり祭 が春と秋の2回、4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に行われる。

基本情報

所在地 〒633-0032 奈良県桜井市多武峰319
TEL 0744-49-0001
FAX 0744-49-0236
問合せ先 談山神社
〒633-0032 奈良県桜井市多武峰319
TEL 0744-49-0001
FAX 0744-49-0236
ホームページ http://www.tanzan.or.jp
営業期間 営業
8:30〜16:30
アクセス ・桜井駅からバスで27分
・終点下車から徒歩で3分
料金 ・小学生 300 円

・大人 600 円 (団体割引20名以上)

見学・所要時間 40分
祭神 フジワラノカマタリ
創建年代 701年
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ ○
盲導犬の受け入れ ○
オムツ交換台 ○
割引 ○

アクセスマップ

  • クチコミを見る(30 件以上)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報