常灯鼻

ジョウトウバナ
常灯鼻
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

長崎県 | 五島市

常灯鼻は第30代藩主五島盛成公が福江城(石田城)を築く際に城の北東から吹き寄せる大波を防ぎ、築城工事を容易にするため築かせたものといわれています。防波堤としての役割のほか、灯台としての役目も持っていました。
昭和58年に市指定文化財となっています。

基本情報

所在地 〒853-0015 長崎県五島市東浜町
問合せ先 五島市観光物産課
〒853-0015 長崎県五島市東浜町2-1-1福江地方合同庁舎3階
TEL 0959-74-0811
FAX 0959-74-5890
アクセス ・福江港から徒歩で5分
見学・所要時間 10分
時代 江戸(弘化3年)

アクセスマップ

  • クチコミを見る(10 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報