高鍋湿原

タカナベシツゲン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

動・植物園

宮崎県 | 児湯郡高鍋町

高鍋湿原は、県営高鍋防災ダム工事で表土を削られた所に周辺の林や沢から水が流れ込んで湿原となったもので、町の西部の海抜約60メートルの高台に位置しています。東部と西部に分かれており、両湿原遊歩道はトンボの橋で結ばれています。自生している植物はサギソウ、ミズギボウシ、ミミカキグサ、ヘビノボラズなど約300種。大陸系の寒地性の植物が多いのが特徴で、南限といわれる植物も多数あります。昆虫では、日本産では最も小さいハッチョウトンボのほか、ハラビロトンボ、コノシメトンボなど数多くのトンボが飛び交っています。

基本情報

所在地 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江高平
問合せ先 高鍋町社会教育課
TEL 0983-23-3326
営業期間 公開
3月下旬〜10月31日日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日 8:30〜17:00
アクセス ・高鍋駅から車で10分
・高鍋駅からバスで20分高鍋駅~(宮交高鍋営業所)~一丁田経由西都行き
・めいりんの湯バス停下車から徒歩で5分
料金 ・無料

アクセスマップ

周辺のスポット情報