鳴子温泉

ナルコオンセン
鳴子温泉
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

温泉

宮城県 | 大崎市

鳴子温泉のお宿は各館ごとにそれぞれ独自の源泉をもっています。鳴子温泉は地下の構造が複雑で、隣り合った源泉でも温泉の色やにおい・成分がずいぶんと異なります。泉質分類すると、硫黄泉や塩化物泉・重曹泉といった大分類になってしましますが、同じ泉質でも旅館が違うと「えっ これで同じ硫黄泉??」というほどたくさんの表情があります。また、どの源泉も湧出温度が高く湯量が多いので、かけ流しでも十分な温度を維持できます。鳴子は温泉のミラクルワールドです。ぜひ、たくさんの旅館のお風呂に入ってその泉質の違いを楽しんでください。

基本情報

所在地 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元
問合せ先 鳴子観光・旅館案内センター
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元2-1
TEL 0229-83-3441
FAX 0229-83-2094
ホームページ http://www.naruko-onsen.jp/
アクセス ・陸羽東線鳴子温泉駅から徒歩で5分
・東北自動車道古川ICから車で40分
温泉泉質 単純温泉、硫黄泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、酸性泉 30℃~100℃以上(平均60℃~70℃)
温泉効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけど、虚弱児童、糖尿病、動脈硬化症、高血圧

アクセスマップ

周辺のスポット情報