道祖神神楽

ドウソジンカグラ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

宮城県 | 名取市

愛島笠島の「佐倍乃神社(道祖神社)」に伝承されている神楽。
舞のリズムは出雲流三拍子といわれ、笛・太鼓・舞手の足の運びの動作が常に連動した組み合わせになっているのが特徴。藩祖伊達政宗公が岩出山から移住の際、道祖神社を尊拝し、社家(土族)を置き神社を守り、扶持を与え神楽の保存に意を用いたといわれている。県指定無形民俗文化財。

基本情報

所在地 〒981-1238 宮城県名取市愛島笠島字西台1-4
問合せ先 佐倍乃神社
TEL 022-382-3887
ホームページ http://www.city.natori.miyagi.jp/natori100/
アクセス ・東北本線・常磐線名取駅からタクシーで10分
・東北自動車道仙台南ICから車で30分
文化財 ・都道府県指定重要文化財:文化財指定年月:1986年11月28日
開催地 佐倍乃神社(名取市愛島笠島字西台1-4)
時期 4月20日