初瀬街道

ハセカイドウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

旧街道

三重県 | 名張市

大阪・奈良方面と伊勢を結ぶ初瀬街道。
現在の松阪市六軒から青山峠を越え、名張を経て初瀬へいたります。現在の国道165号、あるいは近鉄大阪線に近いルートを通るこの道は、壬申の乱(672年)の際、大海人皇子(おおあまのおうじ)が名張にいたった道であり、天皇に代わって伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおみのかみ)に仕えた斎王が伊勢へと赴いた道です。
また、江戸時代中期以降は、伊勢参りの善男善女が旅枕を重ねた道です。この街道沿いには今なお、多くの名所旧跡が残っており『街道』の持つ魅力を感じとることができます。

基本情報

所在地 三重県名張市鴻之台
問合せ先 名張市教育委員会
〒518-0492 三重県名張市鴻之台1番町1番地
TEL 0595-63-7892
アクセス ・近鉄名張駅から徒歩で1分
規模 延長10km

アクセスマップ

  • クチコミを見る(3 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報