茶宗明神社

チャソウミョウジンシャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

京都府 | 綴喜郡宇治田原町

現在の緑茶の礎となる「青製煎茶製法」を開発・普及させた永谷宗円は昭和29年(1954)、大神宮神社に「茶宗明神」として合祀された。「焙炉」跡が保存されている「永谷宗円生家」に隣接。春と秋に大祭が行われる。

基本情報

所在地 〒610-0221 京都府綴喜郡宇治田原町大字湯屋谷小字空廣
問合せ先 宗円交遊庵やんたん
〒610-0221 京都府綴喜郡宇治田原町大字湯屋谷小字尾華21番地
TEL 0774-46-8864
FAX 0774-46-8898
ホームページ http://ujitawara-kyoto.com
アクセス ・◆京阪宇治線「宇治」駅、JR奈良線「宇治」駅、または近鉄京都線「新田辺」駅から京都京阪バス(維中前、緑苑坂、工業団地行き)で「維中前」下車、コミュニティバスに乗り換え「湯屋谷」下車、徒歩14分
バリアフリー設備 その他 車椅子可(介助者同伴で利用可)

アクセスマップ

周辺のスポット情報