神童寺

ジンドウジ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

京都府 | 木津川市

神童寺は聖徳太子が開いた寺と言われ、その当時は大観世音教寺と称していた。その後、寺号を神童寺と改め、山岳修験の道場として栄えた。数多くの藤原期の仏像が残されており、阿弥陀如来坐像、愛染明王坐像、不動明王立像、毘沙門天立像、日光菩薩立像、月光菩薩立像の6体は、室町時代に再興された本堂とともに重要文化財に指定されている。

基本情報

所在地 〒619-0203 京都府木津川市山城町神童子不晴谷
問合せ先 〒619-1112 京都府木津川市加茂町兎並東前田23-1
TEL 0774-86-2161
営業期間 営業
無休
営業
9時~17時(冬期は16時まで)
アクセス ・その他◆JR奈良線「棚倉」駅から車で10分(徒歩の場合約40分)◆近鉄京都線「新祝園」駅から車で20分
その他 駐車場 (50台)

アクセスマップ

周辺のスポット情報