行道山浄因寺

ギョウドウサンジョウインジ
行道山浄因寺

栃木県 | 足利市月谷町1579

行道山浄因寺は標高411mの行道山中腹に位置しています。関東の高野山とも呼ばれ、和銅6年(713年)、行基上人(ぎょうきしょうにん)開山の名刹として知られています。巨岩の上には茶室清心亭が建ち、その風景はさながら南画の世界に入り込んだかのようです。「栃木県の名勝第一号」に指定されており、特に紅葉の時期の眺望は絶景です。

掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。お出かけ前にはお問い合わせ先へご確認ください。

基本情報

おすすめスポット
浄因寺境内。巨岩の上の「清心亭」とそこに渡るために架けられた「天高橋」は、葛飾北斎が「足利行道山雲のかけ橋」として描きました。
アクセス(鉄道)
JR足利駅から足利市生活路線バス行道線約25分「行道山」下車徒歩約30分、又はタクシーで約20分
東武伊勢崎線足利市駅から足利市生活路線バス行道線約35分「行道山」下車徒歩約30分、又はタクシーで約25分
アクセス(車)
北関東道足利ICから約15分
北関東道太田桐生ICから約30分
駐車場
無料
問い合せ先
(一社)足利市観光協会 0284-43-3000
主な紅葉する植物の種類
モミジ、イチョウ
時期
11月上旬  11月中旬  11月下旬 

アクセスマップ

周辺の紅葉スポット情報

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go