尾瀬(尾瀬ヶ原)

オゼ(オゼガハラ)
尾瀬(尾瀬ヶ原)

画像提供元:尾瀬の郷片品村

群馬県 | 片品村・福島県檜枝岐村 尾瀬ヶ原

尾瀬は日本最大級の高層湿原で800種の珍しい植物群の宝庫です。特別記念物、特別保護地区に指定されている「尾瀬」は原始林に囲まれ至仏山、燧ヶ岳の山岳美を持ち、高層湿原に咲く高山植物の幻想的な美しさにハッと息をのむ思いにかられます。尾瀬ヶ原は標高1,400mで、周囲を2,000m級の山々に囲まれた地域で、尾瀬の紅葉は尾瀬ヶ原の草紅葉の色づきから始まります。

掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。お出かけ前にはお問い合わせ先へご確認ください。

基本情報

アクセス(鉄道)
JR沼田駅から大清水または尾瀬戸倉行き関越交通バス約1時間20分「尾瀬戸倉」下車、鳩待峠行きマイクロバス乗り換え約30分で鳩待峠、徒歩約1時間で山ノ鼻
アクセス(車)
関越道沼田ICから国道120号経由鎌田まで約40分、鎌田から国道401号経由戸倉まで約15分、これより先マイカー規制、鳩待峠行きマイクロバス乗り換え約30分で鳩待峠、徒歩約1時間で山ノ鼻
東北道西那須野塩原ICから国道400号・121号・352号経由約2時間で福島県檜枝岐村御池(ミイケ)駐車場、駐車場から徒歩約3時間30分
駐車場
有料
問い合せ先
片品村観光協会 0278-58-3222
尾瀬檜枝岐温泉観光案内所 0241-75-2432
主な紅葉する植物の種類
クサモミジ
Twitter
@katashinakankou
Facebook
片品村観光協会
色づき情報ホームページ
時期
9月下旬  10月上旬 

アクセスマップ

周辺の紅葉スポット情報

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go