本土寺

ホンドジ
本土寺

画像提供元:本土寺

千葉県 | 松戸市平賀63

水戸光圀の寄進と伝えられる古松・老杉の参道を抜け仁王門をくぐると、境内では桜・楓などの古木が四季折々の表情をみせてくれます。本土寺は別名「あじさい寺」といわれ、初夏には紫陽花や花菖蒲の名所として有名ですが、秋にはあざやかな赤に染まったたくさんのモミジが境内を彩ります。この他にも春の桜、冬の蝋梅も美しく、市内屈指の花の名所として、たくさんの参拝者が訪れています。

掲載の情報は予告なく変更になる場合があります。お出かけ前にはお問い合わせ先へご確認ください。

基本情報

アクセス(鉄道)
JR北小金駅から徒歩約15分
アクセス(車)
流山ICから約20分
駐車場
有料
問い合せ先
本土寺(テレホンサービス電話・6月、11月のみ) 047-341-0405
主な紅葉する植物の種類
モミジ(ヤマモミジ、オオサカズキ、シュウザンコウ)
その他情報
拝観時間 8:00~16:30(最終受付16:00)、参拝料 中学生以上500円
時期
11月下旬 

アクセスマップ

周辺の紅葉スポット情報

周辺のスポット情報

  • 7月の第3月曜日は「海の日」、「3連休」となります