清雲寺の一背負門

セイウンジノヒトショイモン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

神奈川県 | 愛甲郡愛川町

天保(1830~43年)の頃、寺に善正坊という大力の坊さんがいました。ある時、中津川馬渡の河原で江戸城改修のための木流しが行われている時、善正坊は木材を欲しいと役人に頼んで許しを得ました。すると山ほどの積み上げた欅材を一背負いで運びこの山門を建立したと伝えられています。

基本情報

所在地 〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原836
TEL 046-281-0475
問合せ先 清雲寺
〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原836
TEL 046-281-0475
アクセス ・清雲寺入口バス停から徒歩で5分小田急本厚木駅から野外センター経由半原行きバス
時代 江戸
その他 駐車場

アクセスマップ

周辺のスポット情報