宝満神社

ホウマンジンジャ
宝満神社
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

鹿児島県 | 熊毛郡南種子町

御祭神は玉依姫命(タマヨリヒメノミコト。神武天皇(初代天皇)の母として知られています)。「玉依姫命が海宮から五穀の種子を持参して、種子島に蒔いた」といわれています。
島内各地で籾の付いた弥生式土器が出土し、天武天皇十年(681年)には島の状況として「粳稲常に豊なり、一たび植て両び収む」(日本書紀)と記され、当社縁起にも「種子島は日本における稲作の始まりの地」とあって、今でも稲の原種ともいわれる「赤米」を神田で作っています。
毎年4月3日、その年の豊作を祈願して、赤米の御田植祭が古式豊かに行われています。

基本情報

所在地 〒891-3703 鹿児島県熊毛郡南種子町茎永3786
問合せ先 宮司 松原堅二
〒891-3703 鹿児島県熊毛郡南種子町茎永3666
TEL 0997-26-7233
ホームページ https://www.kagojinjacho.or.jp/shrine-search/area-kumage/%E5%8D%97%E7%A8%AE%E5%AD%90%E7%94%BA/1136/
メールアドレス kankou2@town.minamitane.lg.jp
アクセス ・西之表港からから車で65分45.6Km
・種子島空港からから車で40分29.8Km
・南種子町役場からから車で12分7.1Km
見学・所要時間 5分
祭神 ・タマヨリヒメ
創建年代 文化四丁卯年(1807年)

アクセスマップ

周辺のスポット情報