パッションフルーツ

パッションフルーツ
パッションフルーツ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

特産物(味覚)

鹿児島県 | 熊毛郡南種子町

パッションフルーツの全国生産量は鹿児島県が最も多く、南種子町でも“初夏の風物詩”として親しまれています。“花の形が時計に似ている”ことから和名は「クダモノトケイソウ」と名付けられています。芳酵で華やかな香りで、酸味とほのかな甘さがミックスされたような不思議な味がします。追熟させることで酸っぱさが抜けて甘みが増します。
生で食べる際は半分に割り、中のゼリー状の実と種子をスプーンなどで掻き出し手食べます。ヨーグルトに混ぜたり、ジャム代わりにパンケーキに添えたりして食べている方も多いようです。また、焼酎に入れて飲むとさっぱりとした飲み口なるということです。

基本情報

所在地 鹿児島県熊毛郡南種子町

アクセスマップ

周辺のスポット情報