ニガダケ(苦竹)

ニガダケ
ニガダケ
画像提供元:南種子町
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

特産物(味覚)

鹿児島県 | 熊毛郡南種子町

種子島のリュウキュウチク林から採れるタケノコを『ニガダケ』といいます。他地域のリュウキュウチクのタケノコは灰汁抜きが大変と言われていますが、種子島の『ニガダケ』は全くと言っていいほど“灰汁抜き不要”のタケノコです。さらにその名とは真逆で苦みなどは全然ありません。一説では「こんなおいしいものをよそ者に食べさせたくないからニガダケと呼んで持っていかれないようにしよう」とも言われているとか。島では天ぷらや煮物、みそ汁に使われ、旬の時期には飲食店のメニューにも並ぶほど、島ではポピュラーな食材です。
春~初夏にかけてと秋の2回、“旬”の季節がありなす。この時期に種子島にお越しの際はぜひご賞味ください。

基本情報

所在地 鹿児島県熊毛郡南種子町

アクセスマップ

周辺のスポット情報