超早場米コシヒカリ

チョウハヤバマイコシヒカリ
例年3月に田植えが行なわれるため収穫が夏になる。
画像提供元:南種子町
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

特産物(味覚)

鹿児島県 | 熊毛郡南種子町

「コシヒカリ産地の南限」である南種子町は毎年3月中旬頃に田植えが行なわれるため7月中旬頃、収穫の最盛期を迎える『超早場米産地』となっています。夏休み前に町内の小中学校の給食で子どもたちに「新米給食」として振る舞われるなど、『種子島を代表する名産品のひとつ』となっています。「夏場に新米の香りを楽しみたい」というところから全国に出荷されています。

基本情報

所在地 鹿児島県熊毛郡南種子町

アクセスマップ

周辺のスポット情報