横峯遺跡

ヨコミネイセキ
横峯遺跡
画像提供元:南種子町
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

鹿児島県 | 熊毛郡南種子町

種子島で初めて発見された旧石器時代の遺跡。発掘調査によって旧石器時代・縄文時代草創期・縄文時代早期という3つの時期にわたって、人がこの地に住んでいた跡が見つかりました。旧石器時代の層は3層確認され、特に種IV火山灰と呼ばれる約3万年前の火山灰の下にある層で見つかった礫群は、国内最古級の調理場跡の発見として大変注目を集めました。また、敲石や台石、磨石、礫器も見つかっています。3万年前の遺跡は全国的にも発見例が少なく、種子島の旧石器遺跡群は琉球列島の旧石器文化の成立やその性格・内容を研究するうえで、学術的に大変重要であることがわかっていて、後世に守り伝えていくべき貴重な文化遺産といわれています。

基本情報

所在地 〒891-3706 鹿児島県熊毛郡南種子町島間
問合せ先 南種子町教育委員会
〒891-3792 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2793-1
TEL 0997-26-1111
ホームページ http://www.town.minamitane.kagoshima.jp/
メールアドレス kankou2@town.minamitane.lg.jp

アクセスマップ

周辺のスポット情報