DMOを担う人材研修プログラム

カリキュラム ー基礎編ー

❶ 戦略策定(組織体制・権限・機能等)

■プログラムの概要

【概要】

各地でDMOの形成が進められているが、観光により地域振興を図るための概念的な内容が記された書類は準備できていたとしても、それらを実現するための具体的な「事業計画」に落とし込むことができていない地域が少なくない。本プログラムは、設定されたKGIの把握にはじまり、基本戦略の立案、KPI設定と事業立案までのプロセスについて事例を交えながら俯瞰することで、DMO組織と観光地域のマネジメントに関する実践的な学びの場とする。

【履修科目】

1.観光地域経営の基礎
2.DMOにおける観光地域経営(組織体制・権限・機能等)
3.PDCAによる戦略策定(Plan(計画)段階)
4.PDCAによる戦略策定(Do(実施)段階)
5.PDCAによる戦略策定(Check(検証)段階)
6.PDCAによる戦略策定(Action(拡大)段階)
7.PDCAによる戦略策定(Plan(再計画)段階)

■プログラムの狙い

自らの地域における観光のビジョン・理想的な絵姿を明確にした上で、実現に向けたDMO組織と観光地域のマネジメントに関して実践的に学ぶ。

■プログラムの目標

DMOの実務レベル担当者を対象に、DMOの基本的な考え方を理解し、担当エリアの「KGIを達成するための戦略立案」、その戦略に沿った「KPIの設定」、それら数値目標を達成するための「事業計画の作成」と「進捗を管理(マネジメント)する」ための考え方とスキルを身につけることを目標とする。

■研修プログラムスケジュール

時刻 種別 講義の概要 進め方
9:30 基礎編 ふりかえり(地方創生カレッジ「講座(1)DMO概論)の基本的知識のふりかえり 座学
10:15 実践編1 観光地域経営に関する基礎知識を学ぶ
*科目・概要については下記参照
座学
11:45 実践編2 特定地域をモデルとしたKGIの設定に関して、地域コンテンツや統計データをもとに実践的な研修プログラムを実施する。 座学
グループワーク
12:15 昼食休憩
13:15 実践編3 グループごとに設定されたKGIに基づき、以下の検討項目について議論し合い実践的な学習を行う。
・KGIを達成するための戦略立案
・KPIの設定
・事業計画の作成
・進捗の管理(マネジメント)方法
グループワーク
15:30 プレゼンテーション 各グループの代表による発表、参加者によるコメント・評価を実施 グループワーク
16:30 講評
17:00 終了 アンケートを実施

■履修科目詳細
【科目1】観光地域経営の基礎

No 概要 トピックス
1-1 発地主導型から地域主導型観光への転換 ・発地主導型から地域主導型観光への転換
1-2 旅行振興から観光による地域振興 (観光地域づくり)へ ・観光とまちづくりの融合による「観光まちづくり」
・観光による地方創生

【科目2】DMOにおける観光地域経営(組織体制・権限・機能等)

No 概要 トピックス
2-1 CEO/COOに求められる2つの 経営 ・DMOを担う人材(経営人材+専門人材)
・CEO/COOに求められる2つの経営
2-2 合意形成に関する3つのアプローチ ・合意形成に関する3つのアプローチ
・合意形成の段階
2-3 戦略策定のプロセス ・戦略策定のプロセス
・PDCAのPLAN(計画する)
・PDCAのDO(実行)・CHECK・ACT(評価・改善する)
・PDCAを回す際のポイント
2-4 地域経営におけるPDCAサイクルの特徴 ・PDCAサイクルの中で課題を解決していく
・各段階で必要となる主なスキル

【科目3】PDCAによる戦略策定(Plan(計画)段階)

No 概要 トピックス
3-1 考える手順 ・考える手順
・KGIとKPI
・Plan段階ですること
3-2 スタートメンバーの招集 ・スタートメンバーの役割
・揃えたい人材
3-3 地域課題とステークホルダー ・地域課題とステークホルダーの関係を調べる
3-4 目標(KGI)の設定 ・目的設定が観光地域経営の第一歩
・目標(KGI)を設定する
・KGI(KPI)設定のスキル
・KGI・KPIの指標例
3-5 計画案の共有 ・計画段階から関係者の理解を得る
・行政との連携を進めるスキル
・ステークホルダーとの関係構築を進める

【科目4】PDCAによる戦略策定(Do(実施)段階)

No 概要 トピックス
4-1 組織づくり ・組織づくりは段階を経て
4-2 関係者を巻き込む ・さらに範囲を広げ、地域の合意形成を進める
・代表性・正統性の重要性
・ステークホルダーへの情報開示が重要

【科目5】PDCAによる戦略策定(Check(検証)段階)

No 概要 トピックス
5-1 成果・評価の見える化 ・成果・評価を見える化する
・成果・評価を共有・改善する機会を作る
5-2 KGI、戦略、KPIから評価 ・KGI、戦略、KPIから評価する
・なぜPDCAが上手く回らないか

【科目6】PDCAによる戦略策定(Action(拡大)段階)

No 概要 トピックス
6-1 人材・コミュニティの育成 ・人材を育成する
・コミュニティを育成する
6-2 目標を段階的に達成 ・目標を段階的に達成する

【科目7】PDCAによる戦略策定(Plan(再計画)段階)

No 概要 トピックス
7-1 戦略の見直し ・戦略の見直しをする
7-2 関係者の組み替え ・関係者の組み替えをする段取り

■プログラム策定にご協力頂いた有識者、講師の皆様

<講師プロフィール/スライド提供>
大社 充(おおこそ みつる)
DMO推進機構 理事
1961 年兵庫県宝塚市生まれ。1985 年京都大学卒。アメリカンフットボール部QB として京大初の全国制覇に貢献「年間最優秀選手賞」受賞。1985 年松下政経塾入塾。1987 年よりエルダーホステル協会創設に参画。
2004 年NPO 法人グローバルキャンパスを設立。観光まちづくりや観光人材育成に取り組む。「観光まちづくりプラットフォーム(DMO)事業運営人材育成研修」を全国80 地域以上で実施。2011 年「観光地域づくりプラットフォーム(DMO)推進機構」設立、DMO 研究および概念普及・地域への導入支援に取り組む。2014年「まち・ひと・しごと創生会議」有識者委員。事業構想大学院大学の客員教授として観光まちづくり(DMO)プロジェクト研究を担当。
2007 経済産業省「体験交流観光・集客サービスビジネス化研究会」
2009-2010 国土交通省「成長戦略会議」(観光分野/都市分野担当)
2010 内閣府行政刷新会議規制制度改革「農林・地域活性化ワーキンググループ」
2013 経済産業省「産業構造審議会」委員
2014「まち・ひと・しごと創生会議」委員

松原 明(まつばら あきら)
事業戦略コンサルタント
1960 年大阪府生まれ。神戸大学文学部哲学科卒。広告制作会社、フリーの経営コンサルタントを経て、1994年、NPO法立法を推進する「シーズ=市民活動を支える制度をつくる会」を創設。1998年のNPO法創設、2001年の認定NPO法人制度創設、2009年のNPO法人会計基準策定、2009年の日本ファンドレイジング協会設立、2011年のNPO法改正などを推進。NPO支援制度やNPO支援機関の創設に取り組んできた。自治体とNPOのパートナシップ推進なども行う。内閣府「新しい公共」推進会議委員。千葉県「NPO推進会議座長」などを担当。

<参考図書・データ>
「地域プラットフォームによる観光まちづくり:マーケティングの導入と推進体制のマネジメント」大社充

❷マーケティング(ICT活用・DMO必須KPI・旅前/旅中/旅後マーケティング)>>