カリキュラム

「インバウンド研修」

所要時間:各回 2~3時間(但し①は⑤と組み合わせる場合は各回1~1.5時間)

研修概要:これから本格的に外国からのお客様を受け入れようとお考えの地域・施設の方や、現在、受入にあたって課題を抱えている方を対象に、魅力ある地域づくりとの連動も念頭に、インバウンド推進全般について学ぶ講座です。

※地域の実情に合わせて①~⑤より一つ選択いただくか、①と⑤の組み合わせも可能です。その場合、講師は2名の派遣となりますので、講師旅費については2名分ご負担いただきます。

研修目的 内容 時間
意識の醸成 ① 講義:インバウンド推進の意義、取組の方向性、市場動向、
マーケット別動向・留意点(文化・国民性、旅行動向等)について学ぶ。
3時間
(⑤と組み合わせる場合は1~1.5時間)
② 事例研究:先進事例の成功要因、実践者の取組姿勢等を学ぶ。 2~3時間
情報発信・販売 ③ 講義:外国人向けホームページの考え方、ホームページ制作の
留意点、旅行会社における取組等について学ぶ。
2~3時間
受入態勢づくり・環境整備 ④ 受入環境づくりワークショップ(受講者数最大30名):
ターゲット、受入にあたっての留意点、課題解決策等、受入環境づくりに関する検討事項を網羅したワークシートをもとに、グループ議論にて検討する。
2~3時間
⑤ ASEANムスリム観光客受入
ムスリム圏特にアセアン地域からの観光客受入にあたっての留意点、受入環境づくりのための準備しておくべきことを冊子を使用し学ぶ。
2時間
(①と組み合わせる場合は1~1.5時間)