徳丹城跡

トクタンジョウアト
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

岩手県 | 紫波郡矢巾町

 徳丹城は、西暦812年(弘仁3年)頃、時の征夷将軍文室綿麻呂によって造られた律令制最後の城柵で、長年、徳丹城は志波城が水害に遭ったため廃止を余儀なくされ移した城柵と捉えられてきた。しかし、徳丹城は志波城の水害により場当たり的に造られたのではなく、一連の計画の下で造られた城柵であると近年考えられている。また、その規模・構造から志波城とは性格の異なった融和政策の下での行政的な様相を有する。38年間にも及ぶ蝦夷との戦いが終わり、征夷から鎮守へと政策が切り替わる転換点ともいえる城柵である。

基本情報

所在地 岩手県紫波郡矢巾町大字西徳田
TEL 019-697-3704
FAX 019-697-3704
問合せ先 矢巾町歴史民俗資料館
〒028-3603 岩手県紫波郡矢巾町大字西徳田3-188-2
TEL 019-697-3704
FAX 019-697-3704
予約 TEL 019-697-3704
メールアドレス shiryokn@town.yahaba.iwate.jp
アクセス ・矢幅駅から車で5分
・矢巾スマート ICから車で10分
料金 ・高校生 60 円 (10名以上の団体 50円)

・小学生 60 円 (10名以上の団体 50円)

・大学生 160 円 (10名以上の団体 130円)

・大人 160 円 (10名以上の団体 130円)

・中学生 60 円 (10名以上の団体 50円)

見学・所要時間 30分
文化財 国指定史跡
時代 平安

アクセスマップ

周辺のスポット情報