御堂観音堂(天台宗北上山新通法寺正覚院)

ミドウカンノンドウテンダイシュウキタカミサンシンツウホウジショウカクイン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

岩手県 | 岩手郡岩手町

大同2年(807年)坂上田村麻呂の草設、一族了慶の開基と云われ、また八幡太郎義家が前九年の合戦の際、御堂を建て千手観音を祀ったところと云われている。宝暦8年(1758年)堂が焼失すると、ときの南部藩主利雄公が宝暦13年堂宇の復元をしたと棟札に記されている。現在の堂は昭和43年焼失、同45年再興のものである。また境内には、北上川の源泉(弓弭(ゆはず)の泉)がある。

基本情報

所在地 〒028-4306 岩手県岩手郡岩手町御堂3-9
TEL 0195-62-8319
問合せ先 御堂観音正覚院
〒028-4306 岩手県岩手郡岩手町御堂3-9
TEL 0195-62-8319
予約 TEL 0195-62-8319
営業期間 休業
無休
アクセス ・JR・IGRいわて沼宮内駅からバスで15分
・御堂バス停下車から徒歩で15分
・滝沢ICから車で40分
料金 ・無料

見学・所要時間 20分
文化財 町指定建造物
創建年代 807

アクセスマップ

周辺のスポット情報