啄木新婚の家

タクボクシンコンノイエ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

岩手県 | 盛岡市

明治38年5月、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、 東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、 年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。しかし、父母と妹が同居する新婚生活は窮迫し、そこでの生活はわずか3週間。 同7月に市内の加賀野磧町(現在の加賀野1丁目)に移り住みます。その時の様子は随筆「我が四畳半」に描かれています。 かやぶきの屋根など当時と変わったところもありますが、ほぼ当時のまま現存しています。 啄木の書や写真なども展示されています。

基本情報

所在地 〒020-0021 岩手県盛岡市中央通三丁目17-18
TEL 019-624-2193
FAX 019-624-2193
問合せ先 啄木新婚の家
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-17-18
TEL 019-624-2193
FAX 019-624-2193
ホームページ http://www.odette.or.jp/?page_id=411
営業期間 公開
8:30〜17:00
公開
9:00〜16:00 冬
休業
火曜日、水曜日 11月最終週~3月
休業
年末年始
アクセス ・盛岡駅からバスで5分
・啄木新婚の家口から徒歩で1分
料金 ・入場無料

見学・所要時間 20分
文化財 ・市町村指定重要有形民俗文化財
 指定年:1984 年 7月
バリアフリー設備 盲導犬の受け入れ

アクセスマップ

  • クチコミを見る(30 件以上)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報