散田金谷古墳

サンデンカナヤコフン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

石川県 | 羽咋郡宝達志水町

6世紀ごろのものと推定されており,全長9.85mの横穴式石室から安置されている石室は千木をのせた屋根形の蓋をかぶせた特異な形能を持ち,全国的にも重要な遺跡となっている。国の史跡に指定。6世紀後半の古墳時代末期に作られた地元豪族の墓といわれ,高さ4.7mの円墳。中には9.85mの横穴式石室があり,中には全国でも類例のない家型石棺が納められています。古代ロマンに魅せられた多くの見学者が訪れています。円墳の中を見たい時は教育委員会に鍵を借りて見学可。

基本情報

所在地 〒929-1406 石川県羽咋郡宝達志水町散田ナ107
問合せ先 宝達志水町生涯学習課文化財室
〒929-1343 石川県羽咋郡宝達志水町小川ハ249番地1
TEL 0767-28-5180
FAX 0767-28-2483
メールアドレス bunkazai@town.hodatsushimizu.jg.jp
アクセス ・JR敷浪駅から車で10分
見学・所要時間 20分
時代 500年代

アクセスマップ

周辺のスポット情報