双方向交流促進委員会の活動

  1. 双方向交流促進委員会の活動
協会会員より旅行会社、宿泊事業者、交通事業者等20名前後の委員・オブザーバーで
構成されており、双方向交流の促進に関する課題の把握・解決に努めております。
 
<令和5年度>
■方向性
・ポストコロナにおけるインバウンドおよびアウトバウンド市場の需要や課題の把握・解決に努める。
・事例の共有等、委員間における情報交換の活性化を図る。
・外部有識者を講師として招き、多様な視点や専門的知見を得る。
・実地視察(地域、先進事例等)を通し理解を深め、ネットワークを広げる。
 
■テーマ「観光産業における労働力課題」
コロナ禍を経て観光を取り巻く状況は大きく変化し、インバウンド市場においても、持続可能な観光や高付加価値体験型観光への関心の高まり等、より質を重視する傾向が生じている。
本委員会では、国内外の先進事例の共有等を通して、インバウンド目線の必要性の再確認を行い、事業活動へのインプリケーションを得ることを目的とする。
 
交流促進部門

委員会の検討結果報告

<令和5年度>
【第1回委員会(令和5年7月14日)】
 ・講演「観光の国ドイツとサスティナブルツーリズム」 
 ドイツ観光局 アジア地区統括局長兼日本支局長  西山晃 様
 ※資料はこちら                              
 ・意見交換:「ポストコロナ これからのインバウンド誘致」各組織の取り組みについて
       (キーワード:持続可能な観光、消費額拡大、地方誘客促進 等)

【第2回委員会(令和6年1月19日~20日)】
 ・視察「兵庫県豊岡市(コウノトリの郷公園、城崎温泉)、京都府伊根町(舟屋)、京都府宮津町(天橋立)」
 ・「西村屋インバウンド施策」※資料はこちら
 ・「豊岡市におけるインバウンド等の観光施策」※資料はこちら
 ・「伊根町の観光について」※資料はこちら

【第3回委員会(令和6年3月26日)】
 ・【提言】観光の価値向上と持続可能な観光産業に向けて
 ・~その旅は、応援になる。~ 「行こうよ!北陸キャンペーン」 
                                日本観光振興協会 理事 大島正敬
 ・ 第2回委員会「豊岡市・伊根町視察」報告
 ・ 2023日台観光サミット(愛知)報告・2024同(高雄)案内 
                            日本観光振興協会 交流促進部長 近藤亜子 
 ・「訪日旅行の最新動向及び大阪・関西万博を契機とした地方誘客促進」
                         日本政府観光局  地域連携部長  大川戸修二委員
 ・「インバウンド旅客受入拡大に向けた意識調査」について
                         日本旅行業協会 国内旅行推進部長 山田和夫委員                
 ・意見交換:「オーバーツーリズム解消に向けた地方誘客について」各組織の取り組みについて


<令和2年度>
第1回委員会(R2.7.30)結果報告  
第1回委員会では、いまだ確実な対策が明確でない新型コロナウィルス感染症を学ぶべく、渡航医学の専門家をお招きしてご講演をいただいた後、質疑応答を行いました。詳細について、はこちらからご覧下さい。
第2回委員会(R2.10.8)結果報告  
第2回委員会も、前回に引き続き、渡航医学の専門家をお招きしてご講演をいただいた後、質疑応答と意見交換を行いました。詳細について、はこちらからご覧下さい。