つつこ引き祭り

ツツコビキマツリ
つつこ引き祭り
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

福島県 | 伊達市

享保の大飢饉に苦しむ農民を救った領主・松平出雲守通春公を称え、毎年3月第1日曜日に「商売繁盛・五穀豊穣・無病息災」を祈って行われる祭りです。使用する大つつこは、氏子たちが作り上げたもので、大きさは、長さ約1.5m、直径約0.9m、重さ約800kgにもなり、中にはふかしたもち米が入っています。祭りでは、中のもち米が“もち”に変わるほど激しくつつこを引き合います。このもちを食べると1年健康で過ごせるといわれています。また、つつこに使われたワラを持ち帰ると縁起がいいとされています。寒風の中男たちがつつこを引き合う姿は勇壮で、県の10大奇祭、市の無形民族文化財に選ばれています。

基本情報

所在地 〒960-0629 福島県伊達市保原町弥生町58
TEL 024-576-4062
問合せ先 つつこ引き祭実行委員会
〒960-0629 福島県伊達市保原町弥生町58
TEL 024-576-4062
ホームページ http://www.date-shi.jp/2491
営業期間 開催
2020年3月1日日曜日 毎年3月第1日曜日
アクセス ・阿武隈急行保原駅から徒歩で10分
・東北自動車道「国見IC」から車で20分
料金 ・無料

開催地 厳島神社境内/4丁目交差点付近

アクセスマップ

周辺のスポット情報