古寺山自奉楽

コデラサンジホウラク
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

地域風俗

福島県 | 須賀川市

大字上小山田に伝承されている民俗芸能です。自奉楽は寺法楽のことで、上小山田にある古寺山白山寺に奉納される踊りで、宝暦2年(1752)、当時の白山寺住職清光和尚が荒廃した寺の再建を志し、村の子供を集めて踊りを仕立て、村々からの浄財を集めた時の踊りがはじまりといわれています。この踊りは、平鍬(ひらぐわ)踊り、田植踊り、獅子舞の三部構成で、踊り子は8歳~14歳ぐらいの少年少女約50人からなり、男子は奴(やっこ)、女子は早乙女(さおとめ)といいます。奉納は33年毎の旧3月10日に行われていますが、毎年旧正月2日に唄い初めが行われています。

基本情報

所在地 〒962-0713 福島県須賀川市上小山田字古寺
問合せ先 須賀川市文化振興課
〒962-8601 福島県須賀川市八幡町135
TEL 0248-88-9172
FAX 0248-94-4563
メールアドレス bunshin@city.sukagawa.fukushima.jp
文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財
 指定年:1974 年
保存者 古寺山自奉楽保存会
時期 祭日