双式浮彫阿弥陀三尊来迎供養石塔

ソウシキウキボリアミダサンゾンライゴウクヨウセキトウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

福島県 | 須賀川市

この供養塔は、幅約1.4m、高さ約1.3mで碑面を中央で左右に分け、左右それぞれの面に阿弥陀如来【あみだにょらい】を中心に左に勢至菩薩【せいしぼさつ】、右に観音菩薩 【かんのんぽさつ】の三尊が浮彫にされています。左側の三尊仏は死者を弔う追善供養【ついぜんくよう】、右側は生前に往生を願う逆修供養【ぎゃくしゅうくよう】として建立されており、いずれも 立ち姿で飛雲に乗り、一刻でも早く成仏したいという人々の願いがあらわれています。
三尊仏の勢至菩薩が持つ長い柄のついた天蓋の図柄や建立目的を示す銘文、「嘉元三年(1305)乙巳九月廿五日相当三十五日」年記など等鎌倉末期の当地方での阿弥陀信仰を示す貴重な資料です。

基本情報

所在地 〒962-0812 福島県須賀川市浜尾字鹿島48
問合せ先 須賀川市文化振興課
〒962-8601 福島県須賀川市八幡町135
TEL 0248-88-9172
FAX 0248-94-4563
メールアドレス bunshin@city.sukagawa.fukushima.jp
アクセス ・須賀川駅から車で15分
文化財 ・都道府県指定重要文化財
 作成年代:鎌倉時代  指定年:1964 年

アクセスマップ

周辺のスポット情報