神成横穴古墳群

カンナリヨコアナコフングン
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

福島県 | 須賀川市

この横穴墓群は舘ケ岡から郡山市に通じる県道木ノ崎本宮線の市境にある丘陵の南斜面に造られています。横穴古墳は自然の丘陵を利用して掘り込んだ遺体埋葬用の穴で、古墳時代後期になってから盛んに造られるようになり、群を成すのが特徴です。この横穴墓群は、南崖面約300mに及ぶ広さを持つと考えられています。発掘調査の結果、玄室【げんしつ】(遺体を安置する部室)は不整な台形や長方形の平面形を持ち、天井部はアーチ型をしています。また副室を備えたものも検出されています。副葬品【ふくそうひん】は鉄鏃【てつぞく】、釘【くぎ】、坏【つき】、大甕【おおがめ】などが発見されています。横穴墓は市内に数ケ所確認されていますが、当時の家父長家族を背景とした地域的・政治的集団の統率者・族長クラスの共同墓地と考えられています。

基本情報

所在地 〒962-0404 福島県須賀川市舘ケ岡字四十坦163-1
問合せ先 須賀川市文化振興課
〒962-8601 福島県須賀川市八幡町135
TEL 0248-88-9172
FAX 0248-94-4563
メールアドレス bunshin@city.sukagawa.fukushima.jp
アクセス ・須賀川ICから車で20分
見学・所要時間 10分
文化財 ・市区町村指定史跡
時代 古墳

アクセスマップ

周辺のスポット情報