三原城址

ミハラジョウシ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

福岡県 | 三井郡大刀洗町

平安時代より栄えた三原家居城跡。別名本郷城とも呼ばれ、その規模は南北約150m・東西約110mにおよび、外堀・内堀を構え角櫓・物見失狭間などを設けていた平城だった。戦国時代の天正14年城主・三原招心が、四王寺山の岩屋城における島津勢との戦いで壮絶な最後を遂げ、主を失った城も終焉を迎えた。

基本情報

所在地 〒830-1211 福岡県三井郡大刀洗町本郷
アクセス ・本郷駅から徒歩で10分

アクセスマップ

  • クチコミを見る(3 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報