宇美八幡宮(福岡県宇美町)

ウミハチマングウ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、フォーカスシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

福岡県 | 糟屋郡宇美町

宇美八幡宮は、神功皇后が応神天皇を出産したといわれる地で、敏達天皇の時代(572年~586年)に創建されたといわれています。境内には、助産師の始祖が祭られている「湯方社」、応神天皇の産湯に使ったとされる「産湯の水」、神宮皇后が出産された際につかまったとされる「子安の木」など安産に関する言い伝えが数多く残っており、多くの方が安産祈願に訪れています。
また、これらの安産信仰にまつわる言い伝えは、「宇美八幡宮の安産信仰に関する伝説地」として福岡県有形民俗文化財に指定されています。

基本情報

所在地 〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号
TEL 092-932-0044
問合せ先 宇美八幡宮
〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号
TEL 092-932-0044
ホームページ http://www.umi-hachimangu.or.jp/
営業期間 休業
無休
公開
社務所は17:00まで
アクセス ・宇美駅から徒歩で5分
料金 ・無料

見学・所要時間 10分
祭神 神功皇后
祭神 ・オウジンテンノウ:応神天皇
祭神 ・タマヨリヒメ:玉依姫命
文化財 ・国指定天然記念物:湯蓋の森、衣掛の森
文化財 ・都道府県指定重要文化財
文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
ご利益 ・安産子育て
創建年代 室町

アクセスマップ

周辺のスポット情報