平泉寺白山神社

ヘイセンジハクサンジンジャ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

福井県 | 勝山市

養老元年(717年)、霊峰白山(標高2702m)の越前側登拝口に白山信仰の拠点寺院として泰澄大師によって開かれたと言われているのが白山平泉寺です。一帯は、最盛期の戦国時代には8000人もの僧兵がいたと伝えられ、当時の日本では最大規模の宗教都市となり繁栄しました。しかし、天正2年(1574年)に越前一向一揆勢に攻められ、全山焼失しました。平成になって発掘調査が始まると数々の石畳や石垣、坊院跡(僧侶の住居跡)が発見され、かつて賑わった巨大な中世宗教都市の姿を、今の私たちに伝えてくれています。明治時代の神仏分離により、現在は「平泉寺白山神社」としてその姿を残しています。
一帯は、「国史跡白山平泉寺旧境内」、「白山国立公園」に含まれています。また、「日本の道百選」、「歴史の道百選」、「かおり風景百選」、「美しい日本の歴史的風土百選」にも選ばれています。

基本情報

所在地 福井県勝山市平泉寺町平泉寺
問合せ先 勝山市役所観光政策課
〒911-8501 福井県勝山市元町1-1-1
TEL 0779-88-8117
FAX 0779-88-1119
アクセス ・勝山駅よりからバスで20分
・中部縦貫自動車道勝山ICよりから車で15分
見学・所要時間 40分

アクセスマップ

周辺のスポット情報