今治藩主の墓

イマバリハンシュノハカ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

愛媛県 | 今治市

古国分の寺山(海抜約30m)の山頂にあります。この墓所には、今治藩主であった初代久松定房、3代定陳、4代定基の3基が67基の燈籠に守られて老松の中に安置されています。正面中央の定房は松山藩主定行の弟で、両藩は共に徳川幕府の親藩でした。墓碑はいずれも巨大な宝篋印塔(県指定史跡)で高さは3.6mもあります。

基本情報

所在地 〒794-1521 愛媛県今治市古国分2丁目乙119-2
問合せ先 今治市文化振興課
〒794-8511 愛媛県今治市別宮町1-4-1
TEL 0898-36-1608
ホームページ https://www.city.imabari.ehime.jp/kanko/spot/?a=131
アクセス ・今治駅からバスで20分新居浜行きバスにて「唐子浜」下車、徒歩5分
文化財 ・都道府県指定史跡
 指定年:1959 年

アクセスマップ

周辺のスポット情報