三角寺

サンカクジ
三角寺(春)
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

神社・仏閣

愛媛県 | 四国中央市

四国88ケ所霊場第65番札所で愛媛県最後の札所。本尊の十一面観世音像は愛媛県の指定文化財であり、子安観音、厄除観音としても信仰されています。

■歴史
寺伝によれば天平年間(730~749年)に聖武天皇の勒願により行基が開基したとされています。空海(弘法大師)が来訪した際、本尊である十一面観世音と不動明王を刻み、三角形の護摩壇を築き21日間降伏の秘法を施したとされています。三角寺の寺号はこの護摩壇に由来しています。境内には三角の池が残り、そのときの名残とされています。嵯峨天皇が本尊を深く信仰し、寺領300町歩を下賜し、堂塔を建造したとされ、往時は12坊を持ち、七堂伽藍を備えていたといわれています。
天正9年(1581)の長宗我部元親軍の兵火で焼失し、現在の建物は嘉永2年(1849)に再建されたものです。

基本情報

所在地 〒799-0124 愛媛県四国中央市金田町三角寺甲75番地
問合せ先 三角寺
〒799-0124 愛媛県四国中央市金田町三角寺甲75番地
アクセス ・JR川之江駅からタクシーで35分
・松山自動車道 三島川之江ICから車で30分
・JR伊予三島駅からバスで25分せとうちバス利用
・三角寺口バス停から徒歩で30分
・松山自動車道 三島川之江ICから徒歩で90分6Km(高速バス移動の場合) 高速バス下車後、川之江三島バイパスに出て、国道192号線沿い内田石油の建物を右へ進み、あとは道なりに。
創建年代 729年~749年
駐車場 有料 40台

アクセスマップ

  • クチコミを見る(24 件)

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報