千丁町大鞘節

センチョウマチオザヤブシ
大鞘節
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

熊本県 | 八代市

「大鞘節」は、文政2年(1819)に完成した四百町新地干拓工事の作業唄で、安政2年(1855年)の八代新地干拓工事の際にも唄われたといわれています。
八代新地地区に伝わる「大鞘節」は、唄い手、はやし、太鼓、三味線に合わせ、鍬やモッコを持った踊り手が踊るもので、唄には労働の辛さや現場監督「だいばどん」と人夫のお菊の恋物語などが唄い込まれています。

基本情報

所在地 〒869-4704 熊本県八代市千丁町古閑出
問合せ先 八代市役所 文化振興課
〒866-8601 熊本県八代市松江城町1-25
TEL 0965-33-4533
FAX 0965-33-4516
アクセス ・千丁駅から車で10分大鞘樋門近くに記念碑あり
保存者 八代新地大鞘節保存会
時期 校区行事等に出演
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go