御松囃子御能(菊池の松囃子)

オンマツバヤシオノウキクチノマツバヤシ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

熊本県 | 菊池市

懐良親王が菊池に居留していたことにはじまったとされる。能狂言の形態は室町・安土桃山のころ大成されたもの。南北朝時代。15代菊池武光公が後醍醐天皇の皇子。懐良親王を征西将軍として菊池へ迎え、年頭の祝儀として菊池本城で催したのが始まりと伝えられている。素朴な形態は、能の変遷過程を知る上で、貴重なものとして、国重要無形民俗文化財に指定されている650年程の伝統芸能。

基本情報

所在地 〒861-1331 熊本県菊池市隈府字上町
問合せ先 菊池市教育委員会生涯学習課
〒861-1308 熊本県菊池市隈府865
TEL 0968-25-7232
文化財 重要無形民俗文化財
保存者 御松囃子御能保存会
時期 10月13日

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go