玉祥寺このみやおどり

ギョクショウジコノミヤオドリ
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

熊本県 | 菊池市

拝殿正面に奇妙な人物が二人陣取る。これは御大将と呼ぶ踊りの監視役で、区長や長老が変装している。編み笠をかぶり、夜着(どてら)を着て荒縄の帯をしめ、腰にモミ種の袋をさげ、背に棒状のきねを背負ったユニークな姿である。踊り手は二人。男性が女装し、和手ぬぐいを姉さんかぶりしタスキがけである。もとは嫁に来た花嫁の衣装を借りた。腰の左横に締太鼓を縦にさげている。踊りはサンガシラ(節頭)の歌い出しで始まる。両手に持つバチをゆっくり振り回し、歌の切れ目には一同のヨイサーのはやしに合わせ、太鼓をたたく。単調で素朴な動きは、踊りというより舞と呼ぶのがふさわしい。歌は四番まであり、もとは菊池氏の狩りの歌であったものが、いつのころからか農民の歌になったという。

基本情報

所在地 〒861-1322 熊本県菊池市春日神社
問合せ先 菊池市教育委員会生涯学習課
〒861-1331 熊本県菊池市隈府865
TEL 0968-25-7232
保存者 玉祥寺区保存会
時期 2月27日
  • 旅行のクチコミサイト フォートラベル
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go
  • Japan 2 Go